手術を行う前に安心確実な病院を探しましょう。

保険適用と適用外の場合

包茎治療をする場合に気になるのが、その治療費です。
一般的に、その治療費は病院によってももかなり違ってきます。
また、治療方法でも違うので、自分がどこで治療を受けるかによって、またどの方法を選択するかによっても違うのです。

さて、世の中には色々な治療方法がありますが、保険が適用される場合と、適用されない場合があるのをご存知でしょうか。
簡単に言えば、適用されるのは病院で治療が必要と判断された時です。
そして、適用されないのは、治療は別に必要はないと判断された時というのが一般的となっています。

つまり、包茎の場合であれば、真性包茎などは衛生面でも、また病気の面でも治療が必要となるので、保険適用という事になります。
また、仮性包茎の場合は、別に衛生面での問題がなければ、それは治療が必要な病気に罹っているという判断にはならないので、治療する事はできますが、保険は適用されません。
仮性包茎の場合は、単に皮が余っている状態だからです。

また、包茎手術を受ける場合、泌尿器科で診てもらえば保険適用になりますが、真性包茎であっても、包茎専門クリニックなどで診てもらって手術をした場合は全額実費となります。
これは、治療よりも、審美面を重視した治療となるからです。

ちなみに、どうしても包茎手術等は高額な医療費が必要となります。
その場合は、医療費控除を申請する事も可能です。
これは、保険が適用されない場合でも利用する事ができます。
ただ、真性包茎の場合は別ですが、仮性包茎の場合は審美面を考えての手術の場合も多々あります。
その場合は申請が認められない事もあるので、その点は知っておくのが必要です。
仮性包茎でも医療費控除が認められるのは、その状態によって痛みがあったとか、炎症を起こしてしまったなど、どうしても治療が必要だったと証明できる時となっています。
見た目を良くしたいから手術した、という理由は、単なる美容目的となるので、この場合は医療費控除を申請してもまず受理されません。



Powered by WordPress and HQ Premium Themes.