手術を行う前に安心確実な病院を探しましょう。

仮性包茎の治療について

包茎は、大きくは3種類に分ける事ができます。
仮性包茎、真性包茎、カントン包茎です。
この中で、一番状態が軽度なのが仮性包茎となっています。
これは、包皮が伸びた状態の為に亀頭が普段は隠れているのですが、皮を引っ張れば、亀頭が露出する状態です。
包皮がどうしても長いので、剥けていない状態になっていますが、特別な治療をしなくても、それほど大きな問題にならない事も多々あります。

ただ、見た目の面を考えたら話は別です。
包茎は、他者が考えるほど軽い問題ではない事もあります。
本人にとっては大きな問題で、それがかなり大きなコンプレックスとなる可能性もあるのです。
従って、それで悩んでいる時は包茎治療をするのが必要な場合もあります。

さて、仮性包茎の治療とは一体どういう感じなのでしょうか。

仮性包茎は、包茎の中でもかなり軽度な状態です。
その治療方法としては、一つは矯正器具を使うものとなっています。
これは、即効性はありませんが、少しずつ癖をつけていく事によって、包茎の状態を改善する方法です。

また、仮性包茎は真性包茎とは違って、皮が余っている状態です。
従って、手術でその余っている皮を除去する方法もあります。
その方法を選択すると、最初のうちは傷跡が残ってしまう手術方法もありますが、確実に包茎を治す事ができる方法です。
手術後の手入れなどは必要となりますが、ある程度の即効性と、確実性があります。

仮性包茎には、主に治療をする場合は矯正するか、それとも手術するかの2種類の治療方法があります。
その状態で悩んでいる人は、自分にはどちらの方法が合っているかどうかを考え、またそれぞれの治療のメリット・デメリットを知ってからどちらの方法を選択するか決めるようにします。
また、その包茎の状態によって治療方法が変わってくるので、どうするか悩んだ場合は、病院などに相談するのも重要です。



Powered by WordPress and HQ Premium Themes.