手術を行う前に安心確実な病院を探しましょう。

包茎の種類と治療の必要性

包茎には、主に3種類あります。
真性包茎・仮性包茎・カントン包茎です。

真性包茎は、包皮が被ったままの状態で、包皮口からなかなか亀頭を出す事ができません。
無理に行おうとすると出血してしまう事もあり、時には出血した傷口からばい菌が入ってしまう事もあるので、無理に包皮を剥くのはかなり危険です。
なかなか衛生的にする事も出来ないので、場合によっては炎症を起こしてしまう事もあります。

仮性包茎は真性包茎とは違って、包皮口は開いている状態です。
従って、通常時は亀頭が全く露出していない状態であっても、簡単に自分で皮を剥く事ができます。
その為、無理に剥いて出血するとかもなく、きれいに洗う事もできる状態です。

カントン包茎は亀頭を露出する事はできますが、もとに戻そうと思うと、そのまま亀頭が出たままで戻す事ができない状態です。
この状態になると、うっ血してしまう事があり、かなり危険です。

さて、これらの包茎ですが、治療が必要あるのは真性包茎とカントン包茎です。
どちらも、衛生面や機能面での問題があるからです。
従って、これらの場合は病院に行くと包茎治療を勧められます。
確実にできる方法は手術ですが、受ける病院によってはその状態を改善するのではなく、仮性包茎の状態にしてもらう場合もあるので要注意です。
実際に病院に行くときは、どの状態にしてもらえるかをしっかりと聞きます。

仮性包茎の場合は、包皮を剥く事ができるので、治療を絶対にしなければならないというわけではありません。
ただ、見た目から気にする人は、手術をしたり矯正器具を使う事でその状態を改善する事ができます。

包茎は、その程度は違っていても、本人にとっては大きな問題です。
また、衛生面から炎症を起こしたり、何かしらの病気になってしまう事もあります。
包茎で悩んでいる場合、また、どうも様子が変だと病気などを疑っている場合は、しっかりと病院に行って治療してもらうのが重要です。



Powered by WordPress and HQ Premium Themes.